「素敵なセブの仲間たち 魚類編」紹介

セブ日本人会編集部より

ありそうでなかったセブのお魚図鑑が出版されました。

出版したのは、1994年初来比以来、18,000本をセブで潜ったアクアバディズ(セブ島リロアン)のオーナー、鈴木晋一さん。

図鑑というと少し堅苦しいイメージがありますが、子供が読んでも、「なにこれ、魚なの? おかしい~(笑)!」とか、「魚ってそんなことするの? ありえないぃ~」

とか面白いコメントからスタートしているので、魚に詳しくない方でも、興味がそそられます。

現在、ポストさかなくんと言われる自称ギョリコンの鈴木香里武さんからも、

「”まだ魚に興味がない人にいかにして伝えるか”ということをテーマに活動している自分にとって、こうしたアプローチの数々はとても勉強になります。」

と嬉しい評価をいただいています。

そうなると、初心者向けの図鑑なのかと思ってしまいますが、500種以上の魚を2000枚以上の写真を使って解説するきめ細かさ。マニアックなダイバーにも対応できるような構成になっています。

未記載種(新種)が満載のセブの海!

あのベストセラー作家の荒俣宏さんも絶賛のセブの魚図鑑は、潜らなくてもセブ好きには必需品かも!

子供が読んでも楽しい!ということで、セブの子供たちにも、自分たちの海は凄いんだ!そんな凄い海は自分たちで守らないと!

とゆくゆくは環境にも関心を持ってくれれば、と英語版を出したいと思われたそうですが、コロナのロックダウンが続き、印刷費用の捻出も厳しい状況です。そこで、クラウドファンディングで資金を募り、出来上がった本は、学校、観光省などの役所に全部寄付されるそうです。

皆様もご支援、ご協力頂けると幸いです。

何卒宜しくお願い致します。

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。