ストレスレスなミーティングに必要なものとは?

セブ日本人会ロゴ

斉藤 淳

新型コロナの影響で首都圏は緊急事態宣言を行ったため、まだまだ仕事のミーティングは直接会うことよりも、ネットを使って会話をする機会が多そうです。

そこで重要になってくるのが、Zoomミーティングのセットアップです。

具体的にはヘッドホン、ネット環境、です。今回は私自身が失敗しながら気づいたことをご紹介します。

まずはヘッドホンです。

自宅では特に必要ありませんが、外出先ではヘッドホンを使う機会が増えます。

セブ島ではヘッドホンを使わずに、ZOOMミーティングする人たちも結構いますし、なんならスタバで周りの迷惑をかえりみず、スマホでyoutubeやゲームの音をガンガン鳴らしながらプレイしている人もいます。

この辺がフィリピンのゆるくてよいところともいえますね(苦笑)。

とはいえ、日本でもフィリピンでも、一般的には外出先でヘッドホンは必須といえます。

ヘッドホン(や、イヤホン)を選ぶ際に最も大事なのは、なんといってもマイクです。このマイクの質が悪いと、相手への印象がかなり変わります。

以前ならマスクをせずに会話できるため、相手の口元を見れば聞こえづらくても判断できましたが、今は外出先だとマスクを常にしています。

そのため、音が聞こえないと本当にわからなくなってしまうんですね。

例えば私が以前購入した、こういうマイク付きのイヤホンは2000円と格安でしたが、自分の聞く音は良かったのですが、マイクの性能が悪く、相手は聞き取りづらかったようです。

なのでアマゾンやラザダを見るときは、レビューでマイクが大丈夫かどうかをしっかりチェックしましょう。日本語ならまだしも、英語になると、マイクの調子が悪ければ、相手はかなり聞き取りづらいと感じるはずですので。

ちなみに、appleのairpodsはやはりマイクの音質がよく、Apple関連製品をお持ちなら相性は抜群です(値段は高いですが、汗)。

続いて2つ目のネット環境です。

ネット環境で注意すべき点は、まずはテザリングです。

テザリングは直接ネットにつなぐよりも、タイムラグが少し出ます。

更に、ブルートゥースでイヤホンとつなぐと、そこでもタイムラグがでます。

そのため、テザリングは本来できるだけ避けたほうがよいです。

また、そもそもZoom以外にもフェイスブックメッセンジャーやgoogleのmeetupなど、テレビ会議ができるツールはいくつかありますが、これもZoomがもっとも早く、安定しています。

そのためネット環境でいえるのは、できる限り立ち上げるのが面倒でもZoomを使い、かつその場所にあるネット環境を使うことです。

その場にあるネット環境が遅い場合は、テザリングを利用しましょう。

ちなみに、ラグどのぐらい出ているかは、アプリやネットでWi-Fiスピードを計測した際に表示される「ping」というものに注目してください。

これが50以内だとまずOK!50以上だとラグが出てくる可能性が高いです。

ぜひご参考にしてみてくださいね。

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。