連載コラム


セブ島安全対策情報

マニラ空港などでの恐喝事件

Image

フィリピンのマニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)で、渡航者のかばんの中に銃弾が相次いで見つかる事件が発生しています。 空港職員によって手荷物に銃弾を紛れ込まされる手口で、乗客は口止め料を恐喝されており、邦人も被害にあっています。 そのため「フィリピンに旅行する人はかばんをビニールラップで巻くように」と海外掲示板でアドバイスされています。 ラップ以外にも、南京錠をかけるなどの対策をお勧めします。 マニラ経由でセブに入る方が、手荷物の管理に十分気を付けてください。

Facebook share

バナー広告




バナー広告