セブ島通信 Vol.171 2019年07月号へ戻る

着任のご挨拶

在セブ領事事務所   所長   渡邉   博

5 月 10 日、セブ領事事務所長と して着任いたしました渡邉博と申 します。フィリピンには旅行でも来 たことはなく、セブは私にとって初 めてです。これまでの海外での勤務 は、外務省に入省後にイタリア語研 修を受けましたので、イタリアが中 心でした。ローマにある日本大使館 とミラノにある日本総領事館でそれ ぞれ 2 回勤務しましたので、イタリ アでの勤務は合計しますと17年に なります。そのほかの海外勤務は、 2002年2月からブラジルのサン パウロにある日本総領事館に2年9 か月、そして2015年3月からマー シャル諸島共和国の日本大使館に4 年2か月勤務し、マーシャル諸島か らセブに転勤しました。マーシャル 諸島について馴染みがない方が多い と思いますが、マーシャル諸島はフィ リピンから東へ5500km離れた 北太平洋にある29の環礁と5つの 島からなる国です。マーシャル諸島 とセブは気候が似ていますので、セ ブにはすぐに馴染めました。セブに 来る前いろいろな人から「セブは海 が綺麗なすばらしいリゾート地です よ」と聞いておりました。セブに到 着してみますと、リゾート地という のはセブ市内ではなくマクタン島に あるリゾートホテルのことで、皆さ んも同じようなことを感じたのでは ないかと思います。セブ市および周 辺のメトロセブは朝から晩まで自動 車とオートバイが道路を忙しく行き 交って活気があり、あちこちに巨大 なシッピングモールやビジネス街が 点在する商業都市と言えます。以前 勤務した中ではブラジルのサンパウロが同じような雰 囲気でした。セブには、日本から観 光や英語留学で短期滞在される方々、 仕事で長期滞在されている方々、そ して永住されている方々など、多く の邦人が住んでいます。私も長期 滞在の一人です。在留届ベースでは セブ州の在留邦人は約2300名に なり、ビサヤ地方全体になりますと 3000人を超えます。 私もセブに来る前にセブの安全状 況についてウェッブで調べました。セ ブ州は有名な観光地で昨年は国外か ら約278万人(うち日本からは約44 万人)が訪問し ていますが、場所や 時間帯によっては安 全ではなく、被害に 遭われている邦人の 方々は少なくありま せん。被害を未然に 防ぐことが最善です ので、滞在されてい る邦人の方々が犯罪 や事故に遭わないよ う領事事務所として 最大限努力していき たいと思います。 これまで海外の勤 務地で共通していた のは、それぞれの地 に住んでいらっしゃ る在留邦人の方々の ご活躍の素晴らしさ です。日本の魅力を 紹介する行事が工夫 を凝らして行われ、 現地の多くの方々が 日本の食や伝統文化を楽しんでおられました。日本の文 化が持っている普遍性と在留邦人の 方々の熱意が大きなインパクトを現 地の人たちに与えておりました。セ ブでも日本人会の皆様がいろいろな 行事を実施されておりますので、私 も微力ですが、少しでもお役に立て ればと思います。ちなみに在ミラノ 日本総領事館および在マーシャル日 本大使館に勤務していましたときに は、折り紙の紹介をときどき行って おりました。 よろしくお願いいたします。

セブ島通信 Vol.171 2019年07月号へ戻る